フッ素はすべての食品に含まれているもの

定期検診でフッ素塗布

歯が痛くなくても定期的に歯医者で検診を受けることはとても重要なことです。
痛くなってから行くと、本人の我慢強さの度合いにもよりますが、最悪抜歯も覚悟しなければならないほど悪化していることもあります。
定期検診の頻度は歯の状態により歯科医が判断しますが、虫歯になりやすい小児は3か月に一度、もしくは6か月に一度くらいの検診を勧めています。大人ですと虫歯より歯周病予防のために、半年に一度の検診を勧める所が多いと思います。そしてそういう定期検診で何も異常がなければ最後にフッ素塗布をしてまた次の検診までお大事にという流れになります。ですので歯科医院でのフッ素塗布の頻度は3か月か半年に一度くらいになると思います。

フッ素塗布よりもブラッシング

歯科医院でフッ素塗布をしてもらったからと言って虫歯になりにくくなるかと言われれば、そうとも言い切れないところがあります。
フッ素は確かに歯を丈夫にしますが、虫歯と歯周病予防に効果的なのはやはり歯磨きです。正直フッ素入りの歯磨き粉を使っていても、歯磨きの仕方が正しくなければあまり意味はありません。子供の歯科定期検診でフッ素塗布が半強制的になっているのはやはり歯磨きに不安があるからという理由もあるのではないでしょうか。おそらくフッ素塗布の前に歯磨き指導を子供と親にしていると思います。最後にフッ素を塗ってもらえるからと思って歯磨きの仕方は話半分くらいしか聞いていない親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ